医学部に合格するために偏差値を大きく上げてくれた奈良の予備校

これまでの勉強がいかに足りなかったかを痛感した

センター試験では目標点には遠く及びませんでしたし、それでもダメもとで受験した第一志望の医科大学の二次試験でも歯が立たない問題がいくつもありました。
自分のこれまでの勉強がいかに足りなかったかを痛感したので、浪人させてもらえることになった時、偏差値を10も20も上げて医学部合格者を多数出している奈良予備校を選びました。
予備校には同じように医学部合格は難しいと言われる成績の受験生も数多く集まって来ていて、励まし合う仲間がたくさんできた事は嬉しかったです。
皆で来春には絶対に合格を掴むんだ、今に見ていろ、という気持ちで頑張って勉強することが出来ました。
授業は基礎から徹底して教えて貰うことで応用問題を解けるようになっていきましたし、二次試験対策も論理的思考を身に付けるという目的のある授業が多くて、受験勉強以外でも普段の物事の考え方も考えさせられるような授業が数多くありました。
医師を目指すためには知識だけではなく、こうした思考力も必要なのだと改めて感じさせられました。
チューターは定期的に面談を行ってくれましたし、その都度模試の成績などを見て志望校の決定や勉強の進め方の相談に乗って貰うことが出来ました。

人を助けることが出来る人間になりたいと思ったこれまでの勉強がいかに足りなかったかを痛感した医師になるべく再び猛勉強の学生生活を頑張りたい

医学部 予備校 奈良東進ハイスクール 浦和校 大学受験の予備校・塾